スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

微妙についてない土曜日:広島編と日曜日は広島コミケでした。

最初は新幹線で日帰りする予定でしたが、社長の許可がおりたので、急遽、青春18切符を使い、JRを乗り継いで広島まで1泊2日の旅になりました。
その理由はもちろん、旅費を節約する為です(笑)
なにせ、新幹線だと往復でいちまんろくせんえんですからねえ・・・。

博多駅から昼11時半頃に出発する列車に乗り、一度小倉で乗り換えて下関に到着。山陽本線に乗り換えて、いよいよ山口、広島方面に出発しました。
「これから広島まで4時間かあ・・・。」
天気は良くて窓からの景色は最高!!移り変わる景色を楽しんだり、うとうとしながらゆっくりペースの旅を満喫していました。

 フォト フォト
新山口で停車中の黄色い列車。
乗ったら金運がつきそう。

そして、あと40分位で広島駅だという地点で玖波(くば)駅に到着。
フォト
ところがっ、
「もうすぐ宮島口かあ・・・。」
と、のん気に思っていた矢先、列車が玖波駅に停車したまま動かなくなりました。

最初のアナウンスでは、
「発車時刻を過ぎましたが、信号が赤の為、停車しております。」
だったのが、15分後、
「前を走っていた列車が故障の為、今点検中です。」
に変わった。な?んか、イヤな予感が(>_<)
そして、30分以上も待たされる事に。
駅員さんに他の交通手段を聞いてみたけど、バスは走っていないとの返答でした。
「うそおおおっ、このままずっと、待たされるのか?!!」
しかも、こんな土地勘の無いところで身動きとれないし、もう、動くまで待つしかないのか・・(T_T)他の乗客も困った様子。
困ったな?、とぶつぶつ言っていたら、私の前に座っていたおばさんが2人、私に話しかけてきました。
「ホント困ったわね?。私も早く帰りたいのに。あなたはどこからきたの?」
「福岡からです。」
「ええっ!!そっ、そうなのぉ。」
「広島に向かう途中だったんです。宮島口まで行く事が出来れば広電(路面電車)に乗って、広島駅まで行けるかなと思って、さっき駅員さんに聞いてはみたのですが・・。」
「えっ、そうなの!?私たちも、宮島口に行くところだったのよ!!」
「話しかけてみるものねえ?。」
それからは話は早く、見知らぬおばさん2人と3人でタクシーに乗り、海沿いの国道を東に宮島口へと移動しました。もう、この辺でJRが動かない場合は移動手段がタクシーのみだそうです。
途中、厳島神社の鳥居が海の向こうに小さく見えました。そして、夕方6時過ぎに宮島口駅に到着。おばさんが広電の乗り場まで案内してくれました。
なんかすごく親切で感動でした。もう、会う事は無いんだろうな。

広電に乗って広島市内を約1時間半、途中、原爆ドームを見ながら予定よりも2時間遅れて、夜7時半頃に広島駅に到着しました。

急いで予約のホテルにチェックイン。遅めの夕飯を食べ、お風呂に入った後は部屋で明日売るグッズの仕上げをしました。前日まで仕事が詰まっていて、仕上げが間に合わんかったとですよ(>_<)
フォト

次の日はプリキュアを見て朝9時前にホテルを出発しました。
広島駅のロッテリアで朝ごはんを食べていたら、コートのポケットに何やら異物が・・・。
「ホ、、、ホテルの部屋の鍵!!持ってきてしもうた?!!」
慌てて鍵を返しに引き返す。ホテルの方に笑われました(笑)

そしてJRに乗り、新井口駅で降り、会場の中小企業会館へ向かいました。
どの地域の即売会も大体似たような雰囲気ですね。
イベントの間は座る暇もなく忙しく、隣のお洋服サークルの方と話したりしてたらあっと言う間にイベント終了?。
サークルに来てくれた方から、
「次はいつ参加されますか?」
なんて聞かれたりしたのは嬉しかったですね(^^)
会場内の画像。仕切られた壁の向こうはコスプレゾーンでした。
サークル側からレイヤーさんの様子が見えないのがちょっと残念(>_<)
福岡では見ない光景ですね。
フォト
集合住宅の画像。なんかエヴァっぽい。
フォト
そして、4時の列車に乗り、九州へと向かいました。
帰りの車内で遅めのお昼ご飯♪ガッツリいきました(^^)
フォト
列車を乗り継ぎ、家に帰り着いたのは夜11時。車中で過ごす時間が多かったですが、充実した2日間でした。

珍しく、長い日記になったな?(笑)


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お気に入り

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。